キープ
お問い合わせ

自分を応援

営業の篠崎です。

 

あなたを応援するのは、あなた 大人になればなるほど、自分に期待することを忘れてしまう。 若いころは、「何かできる」と根拠もなく思っているのに、社会に出ていろんな経験をすると「結局、自分はこんなものだ」と限界を感じ、いつの間にか自分をあきらめてしまう。 あなたは今も、自分に期待しているだろうか。 ... そんな質問をしてみると、多くの人から「そんなこと、考えたことすらない」という答えが返ってくる。じつに寂しい状況だ。 想像してみてほしい。 あなたに子どもがいて、その大事な子が「自分の人生」をあきらめ、自分に期待するのをやめてしまっているとしよう。 そんな場面に遭遇したら、たいていの人が「あきらめるな!」「必ず、何かできるようになる」と励まし、応援するのではないだろうか。 自分の子どものことを、親はそう簡単にあきらめたりはしない。 それなのに、どうして「自分のこと」となると、簡単にあきらめ、期待するのをやめてしまうのだろうか。 たしかに、自分に期待し続けるのは楽ではない。 子どもが親の期待に苦しむように、自分に期待すると、それなりのプレッシャーと苦痛が生じる。 期待すればするほど、裏切られるリスクも高まり、それだけ苦しくもなる。 はっきり言って、あきらめるほうが楽かもしれない。 でも、あなた自身が「自分に期待すること」をやめてしまったら、いったい誰があなたに期待するというのか。 あなたの人生が続く限り、あなたにとって一番の応援者はあなた自身だ。 親でも、友人でも、上司でも、我武者羅應援團でもなく、あなたがあなたの「一番の応援者」であることは絶対に揺るがない。 あなたがあなた自身を信じ、心を熱くして応援しなければ、何も始まらないのだ。 もちろん、僕らも心を熱くして、本気で、全力であなたのことを応援する。 でも、僕らにできることなど、たかが知れている。 あなた自身が「あなたを応援するパワー」に比べたら、僕らの応援などほんのわずかな力でしかない。それは、僕らが一番よくわかっている。 だからこそ、僕らは声が枯れるまで叫び続ける。 それは、あなたに気づいてほしいからだ。 あなたを応援するのは、あなた。 どんなに苦しくても、恥ずかしくても、あなたの人生に向き合えるのは、やっぱりあなたしかいない。 我武者羅應援團 團長 武藤貴宏 『「本気で生きる」以外に人生を楽しくする方法があるなら教えてくれ』より 

 

 

*****************************************************************
院内保育園・企業内保育園の運営ならキッズコーポレーションにお任せください!

http://www.kids-21.co.jp/

病院内保育・企業内保育|株式会社キッズコーポレーション
キッズコーポレーションは病院内・企業内の保育施設を運営受託することで
子どもの教育を通して未来を育み、社会を創り、社会に貢献する会社です。
******************************************************************