キープ
お問い合わせ

自由保育は一斉保育よりも語彙力が高い!

こんにちは

 

 

今回は「自由保育」と「一斉保育」についての違いを


お話したいと思います

 

キッズファースト女の子写真

 

 

保育形態は、みんなで同じ活動をする保育を一斉保育と


一人ひとりの子どもが主体的に活動をする自由保育があります。

 

 

自由保育、一斉保育によって子どもは能力に差が出ます。

 

 

 

では実際にどういった形で子どもの成長に表れるのか…

 

「日経Kids+」という本を参考にお話させていただきます。

 

 

 

 

 

 

保育形態(自由保育・一斉保育)によって


差が出るのか調査してみたところ、


自由保育は子どもの語彙(ごい)力=言葉のボキャブラリーが豊かで、


将来的にも学習意欲が高まるということが各種調査から明らかになりました。

 


調査結果によると、「読み」・「書き」にはあまり差がありませんでしたが、


語彙力については自由保育を受けた3歳4歳5歳の子どもは

 

一斉保育の子どもよりも高い得点でした。

 

またその差は年齢を追うごとに差が大きくなっています。

 

 

子どもに自身が考えるような保育を行うことが大切です。


決して子どもに考える余地を与えない保育はしないでください。


それは自発性を止めてしまうことになります

 

 

自立心を失い子どもは大人の顔色をうかがいながら


指示待ちになってしまう子どもになってしまいます。

 

 

 

キッズコーポレーションでは自由保育を取り入れています。

 

 

子ども一人ひとりの個性と発達を重視し、

 

自由保育をすることにより

 

「自主性」「創造性」「想像力」「自律性」「社会性」「自尊心」「好奇心」など

 

内面が豊かに育ちます。

 

 

 

【調査概要】
標題    :幼児期の子どもを持つ親の子育てに関する意識調査
調査主体  :プレイフルラーニング~幼児の「遊びと学び」プロジェクト
調査期間  :2013年12月7日(土)~8日(日)
調査方法  :インターネット調査
調査対象  :3~6歳の幼児期の子どもを持つ男女1,032名
対象者居住区:都市部(東京・大阪)/その他全国

 

引用元:日経ホームマガジン 潜在能力を引き出す育脳メソッド 2015年1月30日発行

 

 Amazonでご購入の方はこちらから!!

 

 

 

 

 

 

…子どもが自ら考えるかどうか。


それが語彙力などの差につながってくるんですね

 

shinoでした☆

 

 

 

**********************************************************************
院内保育園・企業内保育園の運営ならキッズコーポレーションにお任せください!

病院内保育・企業内保育|株式会社キッズコーポレーション
キッズコーポレーションは病院内・企業内の保育施設を運営受託することで
子どもの教育を通して未来を育み、社会を創り、社会に貢献する会社です。

 

↓キッズコーポレーション求人サイトはコチラ↓

保育士、看護師、調理師、病院内・事業内保育所
保育士 専用の求人情報サイト キッズワーク

**********************************************************************