キープ
お問い合わせ

褒める

 

_MG_3323

 

 

 

子どもを褒める時に「結果ではなくプロセスを褒めてあげて欲しい」という話を先生方にしています。

 

幼児教育自体が「結果」を求めるものではなく

 

「プロセス」を大切にする事、育つ過程を認める事だからです。

 

 

 

大人は結果を求めがちですが・・・(苦笑)

 

幼児期は結果を出す時期ではありません。

 

幼児期の結果が出るのは20年後、30年後、40年後・・・。先の先です。

 

 

 

また、結果に対して「できた」「できない」という評価をしてばかりいると、

 

子ども自身は結果ばかりを気にしてチャレンジする事をためらってしまうようになります。

 

それよりも「育っている過程」「努力している過程」を褒めて上げて欲しい。

 

 

 

結果を褒めたい場合でも、他者との比較ではなく、

 

過去の子ども自身との比較で、できるようになったこと、

 

その努力をした過程にスポットを当てて欲しいと・・・。

 

 

中々、難しいことですが・・・。

 

 

 

先生たちの一言で子どもたちは変わっていきます。

 

 

 

一挙手一投足にまで神経を行き届かせて保育をしていけば

 

「365日=1年」経った時に、それが幼稚園でしたら

 

「3年間=1095日(およそ)」たった時に、その子達の育ちは大きく変わっていくでしょう。

 

 

褒めるというと大げさに賞賛するイメージがありますが、私がここでいう「褒める=認める」ということです。

 

あからさまに?!ことさら表現をオーバーに褒めていると、

 

褒められる為に行動するということになってしまいますし・・・。

 

 

誰かが褒めてくれる状況でないと取り組まないということになってもしまいます。

 

結果への報酬が無いと取り組まない・・・?!

 

 

昨日、保育士の先生たちに研修をしている際に伝えたことですが、

 

全国のキッズファミリーの先生方にも改めて伝えておいたほうが良いと思い、ここに書きました。

 

6月には全社員集会「キッズ・フォーラム」を予定していますので、また保育のことを皆で話し合いたいですね~♬

 

昨日から3日間、遠くは札幌からも先生がみえて研修を受けています。

 

少しでも多く、キッズの保育を理解してもらう為に・・・。

 

皆、真剣に学んでくれています。

 

感謝ですね。

 

先生たちが変われば、保育が変わる、

 

保育が変われば子どもたちが変わる、子どもたちが変われば未来が変わるでしょう~♬

 

身近なところから一歩一歩、一人でも多くの幸せを・・・。

 

最終的には世界平和につながれば~と思います。

 

このような時代だからこそ。。。

 
 
 

**********************************************************************

院内保育園・企業内保育園の運営ならキッズコーポレーションにお任せください!

病院内保育・企業内保育|株式会社キッズコーポレーション
キッズコーポレーションは病院内・企業内の保育施設を運営受託することで
子どもの教育を通して未来を育み、社会を創り、社会に貢献する会社です。

 

↓キッズコーポレーション求人サイトはコチラ↓

保育士、看護師、調理師、病院内・事業内保育所
保育士 専用の求人情報サイト キッズワーク

 

144231313142RlciBkx5vlIiX1442313131キッズコーポレーションLINEスタンプ『あおむしくん。』好評発売中!!144231313142RlciBkx5vlIiX1442313131

     ⇒ LINEクリエイターズスタンプ 『あおむしくん。』(50コイン/120円)

**********************************************************************