キープ
お問い合わせ
メニュー

神奈川県の保育士求人

条件を変更して再検索
28 件中 120 件 表示
28 件中 120 件 表示

神奈川県の保育士求人の状況

関東地方南西部の県で、県庁所在地は横浜市。人口は2017年10月時点で8,989,000人と全国で2番目の規模を誇り、政令指定都市が3つ(横浜・川崎・相模原)は最多(※1)。横浜市と川崎市の東京湾に面した地域は京浜工業地帯の一角を形成しており、工業化が進むと共に都市化が進んでいます。

県内にある保育施設は2017年4月時点で522カ所あり、全国で11番目。定員40,387人に対して利用児童数は40,189人おり、待機児童数は742人となっています(※2)。保育士の有効求人倍率は2015年10月時点で2.66倍。全国平均の1.93倍を0.73ポイント上回っており、保育士の需要は高い状況となっています(※3)。県では保育士を確保するため、独自に地域限定保育士試験の実施や保育士試験の準備講座、就職支援セミナーの開催などに取り組んでいます。

保育士の平均年収は、女性が358.6万円と、全国平均339.7万円に比べて高い水準。一方男性は362.3万円と、全国平均377.3万円に比べて低い水準となっています。就業者のプロフィールを見ると、女性の平均年齢は34.4歳(全国平均36.1歳)、平均勤続年数は6.1年(全国平均7.8年)。一方、男性の平均年齢は29歳(全国平均32.4歳)、平均勤続年数は4.2年(全国平均6.4年)となっています。一カ月の所定内実労働時間数は女性が170時間(全国平均171時間)、超過実労働時間数は5時間(全国平均4時間)。一方、男性の一カ月の所定内実労働時間数は167時間(全国平均170時間)、超過実労働時間数は5時間(全国平均5時間)となっています(※4いずれも2017年度調査時点)。

  • ※1「人口推計」総務省
  • ※2「保育所等関連状況取りまとめ」厚生労働省
  • ※3「職業安定業務統計」厚生労働省
  • ※4「賃金構造基本統計調査」厚生労働省