キープ
お問い合わせ

年頭所感

2018/01/01

1・2月号イラスト-01

 

2018年の新春を迎え、謹んでお慶びを申し上げます。

 

本年2018年は創業24年目の年となります。

4月には、新たに30施設が開園予定となっており、すべての運営施設が150施設を超えます。

 

創業時に「全国、各県に一園ずつ、

子どものことを第一に考える理想の保育園ができれば…」と思い描いていましたが、

都道府県の数を考えると3倍になります。

 

一園一園、子どもたちへの想い、保育への想いを持つ先生方が集まり、

一生懸命に子どもたちと向き合ってくれています。

本部はその先生方をしっかりと支えられるように、サポートをしています。

この数だからこそ、改めて「規模を誇るのではなく、質を誇れるように…」と日頃より伝えています。

 

グループの学校法人 自然保育学園「風と緑の認定こども園」と、

元副社長が理事長を務める社会福祉法人 彩「大地の恵みのなーさりぃ」も地域で評判の園になっています。

風と緑の認定こども園には、全国から見学の方がいらっしゃいます。

中国やベトナムなど、海外からの見学もございます。

 

個人的には、「藍綬褒章」を拝受させていただきました。

 

27歳で6畳ほどのワンルームマンションから起業し、

暗中模索の中、同じく起業した友人たちを集めて「維新組」という若手経営者の集まりをつくり、

その後、一般社団法人 とちぎニュービジネス協議会 理事、会長、

そして全国の集まりである公益社団法人 日本ニュービジネス協議会連合会の理事を務めさせていただきました。

 

約20年間「創業支援」「起業支援」「起業家支援」などを続けて参りました。

その功績を認められてのものです。

 

話をいただいた際には「51歳で授与は早すぎる」とも考えましたが、

周囲からも「私以外の若手経営者の励みにもなる」と話があり、拝受しました。

 

私自身は「今後もさらに精進しなさい。邁進しなさい」との叱咤激励の意味を込めてのものと考えております。

 

授章式の際に出逢った「楓葉経霜紅(ふうようは しもをへて くれないなり)」の言葉通り、人生を彩って参りたいと考えております。

 

 

お子さま、そしてお子さまに関わる全ての皆様が、日々幸せに、笑顔で過ごせますように。

与えられた使命を全うするため、夢は目標に、目標を現実に変えるために。

 

今年も私たちの根幹「KIDS FIRST~何より子どもが最優先~」をモットーに、

さらに挑戦し成長し続けるキッズコーポレーションに、どうぞご期待ください。

 

皆様方のさらなるご発展とご健勝を心から祈念いたしまして、年始のご挨拶とさせていただきます。

 

 

※「楓葉経霜紅(ふうようは しもをへて くれないなり)」 
厳しい霜を経て、楓の葉が初めて真っ赤に紅葉するように、人も様々な苦労や試練を乗り越え成長し、輝きを増していくこと。

 

 

平成30年1月1日

 

株式会社キッズコーポレーション
代表取締役 大塚 雅一