キープ
お問い合わせ

保育理念

キッズコーポレーションには、3つの保育理念と4つの保育方針、8つの保育目標があります。
スタッフ一人ひとりが、共通の保育理念を理解することで、質の高い保育を実現しています。

保育理念・保育方針・保育目標

“KIDS FIRST=何より子どもが最優先”を出発点とする3つの保育理念を土台に保育現場で実践すべき保育方針を定め、子どもたちの内面の成長を8つの保育目標に集約しています。

3つの保育理念

キッズコーポレーションが掲げる「子ども中心の保育(自由保育)」の理念は、その出発点でもある3つの“保育理念”に集約されます。

4つの保育方針

“保育方針”では、より具体的な指針を定めています。子どもの性格、個性、発達段階を大切に保育をいたします。

個の尊重

一人ひとり
大切にする

心の育成

愛・思いやりを
育てる

生きる力(人間力)
の育成

心身ともにすぐれた
人を育てる

知の育成

考え方を
育てる

8つの保育目標

“保育目標”は、子どもたち一人ひとりの内面の成長を8つの目標に集約しています。 今、幼児教育の分野で注目されている「非認知能力」を育むための、キッズコーポレーションならではの保育目標です。

主体性

自ら考えて行動する
子ども

自立性

自らの力で物事を進めることができる子ども

自律性

自らを律することができる
子ども

創造性

創意工夫ができる
子ども

想像力

感性豊かな
子ども

社会性

思いやりのある
子ども

好奇心

さまざまな事象に
興味関心を持つ子ども

自己肯定感

自分を信じ
愛することができる子ども

公式キャラクター「あおむしくん」

キッズコーポレーションの保育目標である「自ら考えて、行動できる子どもを育てる8つの柱」をあおむしの体で表現しています。
あおむしの体は8色で描かれており、「子ども達一人ひとり」を表現しています。
「主体性」・「自立性」「自律性」・「(組み立てる)創造性」・「(イメージする)想像力」・「社会性」・「好奇心」・「自己肯定感」という8つの保育目標
と、それを受け取る子どもたちが表現されています。

自己肯定感”とは?

"自己肯定感"とは、人生においてすべての基礎となるものです。乳幼児期に「自分は愛される存在なんだ」という心の根をしっかりと育ててあげれば、どのような困難にあっても自らを信じ、その困難を乗り越えようとするでしょう。

保育スタッフ一人ひとりが、これらの理念、方針、目標をしっかりと理解しながら取り組むことで、
どの保育園でもキッズの“子ども中心の保育”が高いレベルで実践されています。

保育を知る

─ 働く環境を知る ─

お気軽にお電話ください

0120-723-140

公式SNSで情報チェック!

お気軽にお電話ください

0120-723-140
  • イベント情報はこちら
  • お知らせ一覧を見る
  • スタッフブログ一覧を見る